最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

法人契約の無線LANにはメリットがあります

無線LANは家庭用が一気に普及していますが、通信エリアの問題などもあって法人向けはなかなか普及していませんでした。しかし、無線LANルータと管理ツールの開発のスピードが上がったこともあって急速に企業向けの無線LANサービスが提供されるようになってきています。法人向けの無線LANサービスは家庭ように比べて幾つかの点で有利な上、さらにセキュリティも確保されていることから使い勝手の面でも使いたいと考える法人が増えています。メリットとしては管理面以外に利用者側でも多くあります。有線LANに比べて取り回しが楽なこと、場所の制限がなくなることでフリースペースにも対応できるなど使い勝手は格段によくなっています。ただし、法人での利用ではID管理などもありますので多少使い勝手を犠牲にしている部分もあります。

無線LANの法人での利点について

無線LANを法人で導入する際に利点として考えられる最大のポイントはケーブルがいらないことです。有線LANはセキュリティ面でも都合がいいのですが、配線がとても大変です。新規の端末を増やしたらケーブルも増やさねばならず使い勝手がかなり変わってしまいます。しかし、無線LANを利用することで大幅に状況が変わってきます。アクセスポイントは壁や天井に貼り付けられますし、有線LANの配線がしづらかった部分へのネットワーク配置も可能となります。また、フリースペース化が実現しやすくなりますので従業員にとっても便利となりました。速度面で気にされる場合もありますが、600Mbpsを超える高速通信に対応している場合が多く、利便性が格段に上がってきており、導入を急ぐ法人が多いです。

無線LANの導入の懸念について

無線LANを導入していない法人の多くは懸念が解消されていないためと考えられます。そこで多くのサービス会社では懸念を解消すべくさまざまなツールなどの開発を進めてきています。懸念の最も大きいものがセキュリティです。家庭用の無線LANとは違って暗号キー以外でも通信を制限できる法人向けの無線LANですが、扱いが面倒であれば使われないことが多くなります。そこで簡単に複数の端末で利用できるように工夫されたツールが用意されることが多くなっています。また、既存のネットワークがすでにある場合でもスムーズに無線LANネットワークを追加、もしくはリプレースできるようにツールが開発されてきています。特にWindowsネットワークについては重要なネットワークとして対応が急ピッチで行われています。

ナースコールシステムにはアイホン製やケアコム製ナースコール、スマホ連動ナースコールがあります。 ナースコールシステムでは、使いやすさ・見やすさを考えたデザインになっております。 電話交換機のサービスはIP電話やスマホ内線、CTIシステム連動やその他どこでも内線サービスなどをご用意。 通話録音装置で自動録音ができる機能をわかりやすく紹介しています。 無線lanソリューションの法人向けのご案内