最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

実際に法人契約の無線LANを利用しているケースの紹介

無線LANは手軽に利用できるネットワークですが、法人向けは家庭用と違ってさまざまな利点を持つ機材を使ってきています。特に法人契約向けのルータはアカウント管理と通信エリア管理に優れています。法人向けの無線LANネットワークは管理ができることが重要です。管理についてはアカウントと通信エリアが問題となります。アカウントについてはさらに既存のアカウントシステムとの連携が必須ですし、通信エリアについては複数のアクセスポイントと協調したり、逆に通信範囲を狭めて対応することが求められています。家庭用の無線LANルータの場合はとにかくエリアが広ければよいのですが、法人向けはセキュリティの観点から必要なところにだけ無線が届くことが重要となってきます。

法人向け無線LANの実際のケース

法人向けの無線LANを構築する場合、事前調査から行われることが多くなっています。事前調査で行われるのは通信エリアの確認と建物の構造把握、オフィス空間の把握となります。特にオフィス空間についてはレーザープリンタなどの無線と影響しやすい機器がないかどうか、また、通信を阻害するような建物の構造になっていないかが重要です。無線LANは年々電波強度も強くなっていますが、建物で利用している部材によっては通過しづらいものもありますし、戸棚などオフィスの空間によってアクセスポイントが足りなくなるケースも多々あります。重要なことは現場ごとに対応できる柔軟性とも言われることが多いです。無線LANの接続については無線強度が強くなっていますが、社外でも通信できることは避ける企業が多くなっています。

既存ネットワークに無線LANを追加する

有線接続でネットワークが組まれている場合は無線LANの追加は補助的な回線として利用されることが多いです。そのため、アカウント管理やIDなどの管理については既存のネットワークと強調して動くルータが採用される事例が多いです。家庭用の無線LANではアカウント管理がされていない場合が多いですが、企業の場合は接続時にマックアドレス以外にIDとパスワードも利用することが多くなります。しかし、新規に作ったのでは従業員に負担が増える、また、流出もしやすくなるということで既存のアカウントに無線LANのアクセス権を付ける企業が増えています。無線LANルータは管理ツールが追加されるケースが多いのですが、既存ネットワークとの連携ができるようにオプション設定も充実してきています。