最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

法人での無線LANにはサービスがあります

無線LANといえば無線LAN対応ルータを用意したらすぐに使えると考える方が多いのですが、個人向けのサービスなら問題ありませんが、法人で無線LANを利用する場合はそれだけでは不都合な事が多くあります。そのため、法人向けの無線LANサービスは多くが特別な機能を持っていたり、サービス化されている場合が増えています。特に重要なのがセキュリティ対応です。無線LANは誰でも回線があることを知ることができますが、家庭用無線LANでは接続者を特定したり、ログを詳細にとることが難しいです。そこで注目されているのが法人向けの無線サービスです。無線LAN対応ルータからログインサーバまでワンセットになったタイプから、既存のネットワークに追加するものまでさまざまなタイプが用意されています。

無線LANルーターの法人対応について

無線LANルータはアクセスポイントとして利用されるだけではなく、既存のネットワークへのゲートウエイとしても利用されます。多くの法人向けのルータではアカウント管理ツールと一緒に用意されることが多くなっており、詳細なログインデータと共に管理することが可能です。また、Windowsを利用したネットワークとも共存、協調することができる仕組みが整えられている場合が多く、使い勝手の良いネットワークとして重宝されています。セキュリティの面ではアカウントの他に通信エリアの限定機能が重宝されています。無線LANルータは性能が上がる度に通信エリアが広がっていますが、広がりすぎると監視できない端末のアクセスなども起こりやすくなることからエリアを限定できる機能が重要になっています。

無線LANルーターの設置上の注意点

無線LANルータを利用する際に問題となるのが通信エリアです。込み入ったオフィスでも快適に通信できるようにアクセスポイントが設定されるのですが、建物の構造的に難しい場合も多く、リピーターなどと併用して構成されることも増えています。また、接続させる端末を限定する機能が重要になってきていますが、複雑なログイン手法は使い勝手が悪くなりますので出来る限り手間をかけず、それでいてログ管理などしやすい体制づくりが進められています。無線LANルータは機能面では新しいことは少なくなっており、既存の機能のリファインが多くなっていますが、ユーザー認証についてはまだまだ拡張が期待されています。さらにIDとパスワードではない認証方式も考え出されており、開発が期待されています。