最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

法人契約での無線LANのメリットとは何でしょうか

法人で無線LANを設置する際には2つの方法があります。1つは家庭用の無線LANルータを利用してネットワークを組む方法。もう1つは法人用の無線LANルータを利用することです。家庭用の無線LANルータも性能が上がっているので通信をするだけなら十分な性能があります。しかし、企業で利用するにはいくつかたりない機能が出てきます。その一つがセキュリティです。家庭用の無線LANでは管理できる項目が少なく、企業のネットワークで求められる性能が出せないケースが多いのです。また、通信強度についても十分とは言えません。単純な通信エリアの広さもそうですが、逆に通信エリアを狭める機能がないことから企業での利用では問題が出るケースが多くなっていますので使う場所に応じて選ぶことが必要になってきます。

法人向けの無線LAN機器について

法人向けの無線LAN機器と家庭用の無線LAN機器との違いはアカウント管理の柔軟さです。法人で使う無線LANルータは多くが多数のアカウント管理機能を持っていたり、既存のネットワークに柔軟に対応できるようにオプションが用意されていることが多いです。特にWindowsで組まれたネットワークとの親和性が高まってきており、さまざまなネットワークに対応しやすくなっています。無線LANを利用する場合、アカウントを無視して利用されるケースもありますが、セキュリティ面から特に避けたい利用方法となっています。ネットワーク上での不正行為は残念ながら注意しなくてはなりません。その場合に誰がどこから繋いでいるのかわからないような使い方は絶対にさけたいことであり家庭用のルータでは対応できない部分となっています。

法人向け無線LANネットワークについて

法人向けの無線LANネットワークはIDと暗号化キーで成り立っています。家庭用の無線LANネットワークは暗号化キーだけで繋がるようなものですので違いは明らかです。また、繋がる台数が多数ですからそれぞれを適切に認識することができます。認識についてはアカウントだけではなく、機種ごとのマックアドレスも重要です。家庭用のルータでもマックアドレスはチェックできますが、ログとして残せないことも多く法人利用では物足りない場合が多くなっています。またログについては詳細なデータとしてあとで利用することになりますが、各種ログサーバとの連携が取ってほしいなど法人ごとに管理方法が違います。各法人向けの無線LANルータはオプションで柔軟に要望に応えられる様になってきています。