最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

法人契約の無線LANには契約数によるメリットがあります

法人向けの無線LANは利用者数やアクセスポイントによって契約が変わることが多いです。アクセス数やアクセスポイントについてはルータの保守費用や管理ツールの保守費用に直結することが多く、利用者数に合わせて各種割引が行われることも多くなっています。また、ツールによっては利用者数に合わせてオプションが変わってくることもあり、法人ごとに適した選択ができる仕組みとなっています。また、既存のネットワークでID管理などができている場合はそれと無線LANを接続する仕組みが提供されるなど柔軟なネットワーク構成が作れるようになってきています。法人向けの無線LANは日々進化してきており、セキュリティ面でも速度面でも家庭用の無線LAN機材とはまったく違った製品となってきています。

法人向け無線LANの機材選びについて

無線LANの機材としては親機となるルータと子機から構成されるのが一般的ですが、法人向けではさらにアクセスポイント同士の連携オプションやリピーター、指向性アンテナなども用意されています。無線LANネットワークを構築する場合、重要なことは電波強度です。ただし、法人利用の場合は逆に無線強度を下げて通信エリアを限定させることも多くなっています。無線LANエリアの限定についてはオフィス以外からの接続を防ぐことでセキュリティ上の利点となります。無線LANのアクセスポイントは隠すことができませんので電波強度を調整して必要な場所だけに電波を届けることが重要です。外部からの攻撃が可能な無線LANでもありますので不必要な通信エリアは極力削減することが求められています。

法人向け無線LANで必要なこと

法人向けの無線LANは保守に入ることが多いのですが、家庭用の無線LANとは違ってさまざまな利点があります。その一つがアカウント管理ツールです。法人向けの無線LANはマックアドレスと暗号化キーの他にIDなどによって管理されます。これは接続した端末を監視するためには必須です。しかし、アカウントが増えていけば使い勝手が悪いですし、漏洩にも繋がります。そこで既存のネットワークがあるならそのアカウントに無線LANの利用権を付けることが多くなっています。利用権については端末とセットで設定される場合と端末は制限しない場合がありますが、BYOD対応の一環で設定されることも多くなっており法人ごとに柔軟な対応が行われています。BYODについては不正アクセス防止のために独自に隔離してネットワーク運用する場合もあります。